第12期 熊本黄壁城ライオンズクラブ 会長所信

第12代会長・L 村上 善智
(任期:令和元年7月1日より令和2年6月30日)

会長スローガン
「みんなで創ろう黄壁城!(WE SERVE)

第12代黄壁城ライオンズクラブの会長を仰せつかりました、村上善智です。
未熟者ではございますが、皆様のご指導、ご鞭撻そしてご協力を賜りながら、一年間何卒よろしくお願い申し上げます。
 
当クラブは、済々黌高等学校同窓生で構成されるクラブであり、全世界でも類を見ないクラブです。平成16年10月13日多士会館にて、有志が集まり設立検討会の実施、平成17年2月以降、故尾池元ガバナー・L西田紀雄初代会長・L桑崎陽彦元ガバナーならびに親クラブの熊本ライオンズクラブのご指導において、平成20年4月5日本結成(認証状伝達式)平成20年6月21日チャーターナイト開催、その熱き想いにより会員各位の絆で設立され早11年を迎えました。
また、設立10周年に合わせ、鹿本支部が「熊本多士ライオンズクラブ」として独立いたしました。今後、益々のご発展を祈念いたします。
 
ライオンズクラブの主たる目的はいうまでもなく「WE SERVE」にあります。国際協会のモットーは1954年に採択され現在まで使われています。創設者メルビン・ジョーンズはこう述べています。「奉仕することは役に立つこと、誰かに奉仕するということは、その人の役に立つこと、この偉大なる世界で奉仕をすることは世界で何かに役に立つことを意味するのです。他人に尽くす事から始めなければ人生の喜びは達成できない」
当クラブもこの趣旨に則り、下記の奉仕活動を行っています。
・母黌在学生への奨学金無償支給(2,3、年生各1名)
・母黌周辺のパトロール活動(原則毎月第2水曜)
・献血推進運動(年3~4回)昨年より母黌にも献血車が来るようになりました。
・薬物乱用防止キャンペーン(10月の国際ライオンズデーに合わせ、県内ライオンズクラブ合同で県下一斉に中学校校門前でチラシを配布しています)
・青少年音楽フェスティバル(主として、小中学生の楽器演奏・声楽の発表会。国際交流会館にて過去2回実施、毎年30名ほどの参加があります)
 
今年度の当クラブスローガンは「みんなで創ろう黄壁城 We Serve」といたしました。
社会貢献の第一は、当然のことながら会員各自の仕事であります。各々の事業が社会に貢献し、従業員の雇用、納税等の面からも十分に社会貢献されております。
その上で、少しだけライオンズクラブへの活動に時間をいただけないでしょうか。
上記の活動にありますように、経済活動だけではできない何かがライオンズ活動にはありますし、また、新たに、創り出すこともできますでしょう。
どうか、皆様のお力を少しずつお借りして黄壁城ライオンズクラブを盛り上げていきたいと存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。 
なお、本年度は、1ZゾーンチェアパーソンとしてL岩崎、幹事としてL甲斐の両名が選出されています。当クラブとしても最大限の協力をいたしたく重ねて皆様のご協力を賜りますようお願い申し上げます
 


 

■理事役員(2019-2020年度)

・会長 L村上善智(GATファシリテーター)
・前会長 L行徳了一(LCIFコーディネーター)
・第1副会長 L甲斐正法(GLT委員長)
・第2副会長 L古川雅俊
・第3副会長  
・幹事 L河野祐生
・会計 L小室三男
・GLT委員 L西田紀雄
・GMT委員長 L荒川慎太郎
・GMT委員 L南部隼平
・GST委員長 L行徳了一(献血推進活動)
・GST委員 L小室三男(パトロール)
・GST委員 L小泉 満(パトロール)
・GST委員 L草尾文隆(音楽フェスティバル)
・GST委員 L荒川慎太郎(音楽フェスティバル)
・GST委員 L南部隼平(薬物乱用防止活動)
・GST委員 L原田之治(薬物乱用防止活動)
・マーケティングコミュニケーション委員 L河野祐生
・マーケティングコミュニケーション委員 L古川雅俊
・財務委員 L古川雅俊
・財務委員 L行徳了一
・IT委員 L河野祐生
・IT委員 L小泉 満
・FWTコーディネーター L西田紀雄
・プログラムコーディネーター L河野祐生
・TT L上城弘幸
・LT L上城弘幸
・会則及び付則委員 L西田紀雄
・在市奨学会 運営委員 L西田紀雄